確実に治していきましょう

適応障害は重大な病|ココロの問題は医師に相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

投薬による症状抑制

辛そうな女性

うつ病などの精神の病は、投薬によって症状を緩和することができます。同じく心の病である適応障害も、重度となれば医師から薬を処方されることがあるのです。適応障害に用いられる薬は、多くがうつ病と同じく抗うつ剤や抗不安剤といった薬です。こうした薬の効果は、うつなどの症状に共通する脳内物質の減少を抑える働きがあります。脳内の快楽物質であるドーパミンは、人のやる気を引き出す物質ですが、逆にドーパミンの分泌が極端に減少することで、うつ病特有の強い不安感や倦怠感に見舞われるようになるのです。抗うつ剤によって、ドーパミンなどの脳内物質が再吸収されるようになるため、服用することで症状が改善されるのです。注意すべきなのは、通常の薬剤とは違い、こうした抗うつ剤や抗不安剤は一時しのぎにしかならないという点です。ドーパミンなどの量を調節することで、症状自体は収まるものの、症状を引き起こしたストレス源は依然そのままであるため、こうした薬を飲み続けたとしても、症状が緩和されるだけで、根本からの改善はなされないのです。適応障害によって処方されるこうした薬は、あくまで症状が悪化する事を防ぐだけだ、ということを念頭に置き、ストレス源をどのように処理すべきかを、医師とカウンセリングによって導き出しましょう。

抗うつ剤や抗不安剤などの薬剤は、依存してしまう人もいるため、処方されることに抵抗を感じる人もいることでしょう。こうした薬剤は、服用することで精神の不安定さを改善できるものですが、飲み続けることで、飲まなければまた適応障害による症状に脅かされるのでは、という不安が現れ、半ば強迫性のような状態で薬への過剰な依存が起きてしまうのです。こうした薬は麻薬のように過度の快楽を与えるものではなく、一時しのぎのために用いるものであるため、医師のカリキュラムに基づき治療を続ければ、依存することはありません。精神へ不安をもたらす原因を正面から見据え、どのように対処すればよいかを考えることで、薬を使わずとも適応障害を改善させられるのです。抗不安剤や抗うつ剤の使用にどうしても抵抗がある人は、睡眠薬の使用によっても治療ができます。適応障害を患う人は、きちんと睡眠を取っていない事が多くあるため、睡眠を行なうことで副交感神経を働かせ、ストレスを取り除くことができるでしょう。症状が落ち着くまでは、こうした薬を利用することで、治療を行なうことができるのです。