確実に治していきましょう

適応障害は重大な病|ココロの問題は医師に相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセリングでの治療

カウンセリング

ストレスが元となる適応障害は、精神療法によって治療を行なうことができます。精神療法では、主にカウンセリングを行なうことで治療を行なうものです。カウンセリングでは、患者さんの悩みなどを医師に話すことで、ストレスを低減させることができます。誰しも人に自分の抱えている悩みを話すことで、精神的な落ち着きを得ることができるでしょう。ただ話すだけでも、体に蓄積していた負担は取り除かれるため、症状を緩和することができるのです。カウンセリングを行なう医師は、普段の生活では関わり合うことのない他人です。そのため、知り合いに話すことでの関係性の悪化も起こらないことから、誰しも包み隠さず医師に相談することができるでしょう。通常のうつ病とは違い、適応障害はストレスの元が何であるかがはっきりとしているため、自身が何にストレスを感じているか、なぜストレスとなっているかを医師に話すことで、こうした適応障害の症状を治療することができるでしょう。

カウンセリングについてよく誤解されがちであるのが、医師から適切なアドバイスを受けることができる、ということでしょう。カウンセリングによって、医師からストレスの元となる事柄についてアドバイスされることで、個人の問題を解消して治療ができるのでは、と期待する人も多くいますが、実際には医師は患者さんへの具体的なアドバイスを行なうことはありません。医師は患者さんとは関わりのない人物であるので、実際に患者さんがどのような環境に置かれているかが分からないのです。そのため、アドバイスを行ったとしても、必ずしも問題が改善されるとは限らないため、アドバイスを行なうことはできないのです。カウンセリングでは、患者さんにさまざまな考え方を行ってもらい、自分なりの解決法を出してもらうことを主軸とします。なぜストレスを感じるのか、ストレスを感じる事柄へどのように対処すべきなのかを患者さん自身に考えてもらうことで、適切な改善法を自分で導き出してもらうのです。医師に言われて改善したのであれば、次に同じ問題が発生した場合、自分で解決する事は出来ないでしょう。自分自身で解決することで、問題解決による力を養う事ができるため、医師に頼らずとも済むのです。適応障害などの心の病は、最終的に治すのは自分自身です。身体の治療は体の治癒能力に頼るものですが、心の病は自分自身の意思で直さなければなりません。ストレスによる問題から逃避するだけではなく、どのように処理を行なうべきか、自分で考えながら治療を行ないましょう。