確実に治していきましょう

適応障害は重大な病|ココロの問題は医師に相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼新着情報

主な症状

鬱な男性

適応障害は、症状としてストレスの元となる場所や事柄に触れることで、気分の急激な落ち込みや不安感、情緒の不安定さなどが現れます。こうした症状を放置すると、うつ病などの二次障害を患う事があるため、注意が必要となるのです。

▶詳細へ

周囲の環境による影響

周りからの威圧

適応障害が現れる場所として、職場や学校といった場所が多く挙げられます。対人トラブルによっても発症することがあるため、こうしたストレスを感じる環境を自分で改善させることで、適応障害を治すきっかけとなるでしょう。

▶詳細へ

▼新着情報

誰でも発症する

診察

適応障害は、傍から見ればただの怠けのように思われるものですが、ストレスの感じ方は人それぞれであるため、一概に怠けとはいえないでしょう。ストレスの処理の仕方を間違えれば、誰しもこうした病に罹ってしまうものなのです。

▶詳細へ

カウンセリングでの治療

カウンセリング

ストレスを元とする適応障害は、カウンセリングによって改善させられます。医師に悩みを話すことで気持ちを落ち着かせると同時に、ストレスの元となる事柄をどのように改善させるべきかを考え、改善方法を導き出すことができるのです。

▶詳細へ

時間の掛かる治療

笑顔の女医

近年になって問題視されている病として、適応障害が挙げられます。適応障害はストレスによって発症する心の病であり、ストレスを感じる職場や学校に近づくことや、特定の人物との接触によって引き起こされます。症状として大きな不安感を感じることや、発汗、めまい、動悸の乱れなどの症状が現れ、放置することでうつ病などの二次障害が現れるため、注意が必要なのです。こうした病は誰でも発症するものであり、気合や仕事への慣れで治すことはできません。職場や学校での作業の免除や、配置換えなどによって環境を変えることで、適応障害の原因であるストレスへの対処が行えるのです。こうした適応障害は心療内科や精神科で治療が行え、カウンセリングによってストレス源となる環境をどのように改善すべきかを考えることで、根本からの治療が行えるでしょう。適応障害からうつ病へ症状が悪化することを防ぐため、抗うつ剤や睡眠薬などの薬を処方することもあり、医師の治療カリキュラムに従い、無理せず治療を行いましょう。

適応障害などの心の病は体に受けた傷とは違い、完治するためには長い時間が必要となります。体の傷は組織の再生で治癒できますが、心に負った傷というものはつらい記憶として刻まれるため、完治することが難しいものなのです。適応障害の元となるストレス源を改善したとしても、症状が続く事があるため、こうした症状に向き合いながら根気よく治療を続ける必要があるのです。つらい記憶が甦ることで症状がぶり返した場合、その場で気分転換を行なうことで、症状を緩和できます。深呼吸や軽いストレッチを行なうことで、素早く気分転換を行なうことができるため、利用することができるでしょう。また、ドーパミンなどの脳内物質の現象が深刻な適応障害の原因となるため、よく日光を浴びることや食生活の改善、適度な運動習慣によって脳内物質を多く分泌させることができます。普段の生活を変えることでも症状を改善させることができるでしょう。

投薬による症状抑制

辛そうな女性

うつ病と同じく、適応障害では投薬によって症状を緩和させられます。きちんと医師のカリキュラムに従うことで、依存することなく治療が行えるため、症状の悪化を防ぐ目的として利用するとよいでしょう。

▶詳細へ